タイ料理の歴史を紐解いてみよう

〔タイ料理〕の歴史は、大きく分けて
「スーコタイ時代(1238年~1378年)」
「アユタヤ時代(1350年~1767年)」
「バンコク時代(1782年~)」に分けられます。

・スコータイ時代
13世紀半ばに、タイ族の〔ウンダンカロ王〕によって
成立した初の王朝「スコータイ」は[幸福の夜明け]と
いう意味です。

この王朝を築くに当たって、北西部のモン人による
〔ドヴァラヴァティー王国〕と、南東部の
カンボジア人による〔クメール帝国〕、
そして南部のシュリビジャヤ王国を
征服したため、食文化もこれに伴い諸国からの
大きな影響を受けたと言われています。

三代目の王、〔ラームカムヘーン〕の碑文には
「〔スコータイ〕はとてもよい所だ。
水には魚が泳ぎ、田には米が実っている」と
記されていることから当時の{食生活の豊かさ}が
垣間見られます。

また、当時の王は民間とは家族のような関係で
あったため、〔スコータイ時代〕には{宮廷料理}は
まだありませんでした。

・アユタヤ時代
当時のアユタヤは大変国際的で、ラオス人、
カンボジア人、中国人、インド人、ペルシャ人、
オランダ人、ポルトガル人などに交じって
{日本人とも貿易関係}にありました。

そして、この中のポルトガルから
〔唐辛子〕がタイに持ち込まれたのです。

あるフランス人が〔アユタヤ時代〕の
食生活について記した文章には
「マスタードのような粘着性のある
〔カピ〕と呼ばれる、カニの塩漬けを
発酵させた〔ソース〕を珍重している」と
書かれている事から、当時から[ナムプリック]が
食べられていた事が分かります。

この頃から、王は{バラモン梵天}と
{シヴァ神}と{ヴィシュヌー神}の
[三神が合わさった天上人]とされ、
〔庶民と区別するため食事〕を、
という事で[宮廷料理が確立]されたと
思われます。

・バンコク時代
さらに貿易が盛んになり、世界各国との
交わりのある中、特に中国との関わりが
多くなり、〔中華料理の影響〕を受けました。
また、〔ラマ5世チュラーロンコーン王〕は
大変なグルメで、毎年新年には
{料理コンテスト}を開催したとされています。

それらを経て、宮廷料理は益々
洗練されていき、現在の複雑でいて
繊細な[タイ料理]に育っていったと
思われます。

ページのトップへ戻る